本文へ移動する
文字サイズ
Foreign language
  1. ホーム
  2. 子育て支援・教育
  3. 母子保健事業
  4. 母子保健事業

母子保健事業

こうのとり支援事業

 不妊治療又は不育治療を受けている夫婦の経済的負担を軽減するために、治療に要した費用の一部を助成します。平成28年度より、第1子以降も対象になりました。申請や不妊治療又は不育治療に関するご相談は、保健師へお声かけください。

お問い合わせ先

南小国町役場 町民課 保健師
電話番号:0967-42-1113

乳幼児健診

3~4ヶ月児健診、6~7ヶ月児健診

  • 身体測定、育児相談
  • 診察
  • 栄養士から離乳食のアドバイス
  • 歯科衛生士から歯磨きについて

1歳児健診

  • 身体測定、育児相談
  • 歯科衛生士から歯磨きについて

1歳6ヶ月児健診、3歳児健診

  • 身体測定、育児相談
  • 診察
  • 歯科健診
  • 歯科衛生士から歯磨きのアドバイス

5歳児検診

  • 身体測定、育児相談
  • 歯科検診
  • 歯科衛生士から歯磨きのアドバイス

母子健康手帳の交付

南小国町役場 町民課
月曜日~金曜日(祝祭日除く)8時30分~17時15分

持ってくる物:妊娠届、通知カード、身分証明書、印鑑

お問い合わせ先

南小国町役場 町民課 保健師
電話番号:0967-42-1113

予防接種

 お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、生後1年までには自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。その助けとなるのが予防接種です。

予防接種には「定期予防接種」と「任意予防接種」があります。

定期予防接種

四種混合(ジフテリア・百日咳・急性灰白髄炎・破傷風)、MR(麻しん・風しん)、日本脳炎、BCG(結核)、Hib感染症、B型肝炎、肺炎球菌感染症(小児がかかるものに限る)、水痘(水ぼうそう)、ヒトパピローマウイルス感染症

 予防接種法に基づいて接種が義務付けられているものです。発病すると重症になったり、後遺症を残したりする病気の予防接種で、無料で受けられます。予防接種法により健康被害が生じた場合には、予防接種法11条による救済制度があります。

任意予防接種

おたふくかぜ、ロタウイルス、インフルエンザなど

 病気の流行状況により「受けたほうがよい」とされているものです。ただし、有料となります。予防接種により健康被害が生じた場合は、医薬品副作用被害救済基金法による救済制度があります。

生ワクチンについての画像

生ワクチンを接種した日の翌日から起算して、他の予防接種を行う日までの間隔は27日以上あける。28日目から受けることが可能です。

不活化ワクチンについての画像

不活化ワクチンを接種した日の翌日から起算して、他の予防接種を行う日までの間隔は6日以上あける。7日目から受けることが可能です。

  • (注)小国郷内の委託医療機関以外で接種を希望される場合や予診票を紛失した場合は、事前に手続きが必要になりますので、保健師へご相談ください。
  • (注)転入される場合や予防接種に関する申請等をされる場合は、お子さんの予防接種実施状況を母子健康手帳で確認させていただいています。手続きをされる際は、必ず母子健康手帳を持参のうえ、町民課へお越しください。不明な点につきましては、保健師へご相談ください。

お問い合わせ先

南小国町役場 町民課 保健師
電話番号:0967-42-1113

フッ化物塗布・洗口事業

 町では、乳幼児健診や広報誌で歯の健康に関する指導に併せて、希望者に対し歯の質を強くするフッ素の活用を行っています。

フッ化物塗布

対象者 1歳から4歳になるお子さん
費用 無料
実施場所 小国郷内の歯科医院
(注)事前に予約を行ってください。
持参品 塗布券、母子健康手帳

フッ化物洗口

対象者
  • 保育園:年中・年長のお子さん
  • 小学校:1年生から6年生
  • 中学校:1年生から3年生
費用 無料
実施場所 各保育園、小学校、中学校

問い合わせ先

南小国町役場 町民課 保健師
電話番号:0967-42-1113

お問い合わせ
南小国町役場 町民課
電話番号:0967-42-1113

ページの先頭へ